エバニュー・プロダクツについて

エバニュー・プロダクツの世界観

「EVERNEW」とは「いつも新しいなにかを追い求める」というブランドの姿勢を示したオリジナルの造語で、

創業者の岩井新蔵によって名づけられました。

1923(大正12)年、前身である「増新商店」が金属製運動用具製造販売卸として東京都台東区蔵前に創業し、

1965(昭和40)年に現在の「エバニュー」と改称いたしました。

登山用クッカーの製造を開始したのは1940(昭和15)年、

1950年から60年代にかけての登山ブーム時にはピッケルを数多く製造いたしました。

当時の登山道具はヨーロッパブランドが主流でしたが、「1ドル360円」の時代にそれらは文字通り「高嶺の花」でした。

しかも、彼の地と日本では山岳環境や登山スタイルが異なるため、

日本の登山者にとってヨーロッパブランドの道具は決して使いやすいものではありませんでした。

創業から現在にいたるまで、エバニューは日本の山に合った、日本人のための登山道具をつくり続けています。

社員には登山やアウトドアのエキスパートが多数おります。

彼らの経験をもとにフレームパックやステッキなど、軽さ、強さ、耐久性、安全性にこだわったさまざまな製品を開発してきました。

エバニューでは「質実剛健であること」にこだわっております。

そこには、過酷なアウトドアにおいてユーザーのみなさまに安心してわたしたちの道具を使っていただきたい、

という願いがこめられております。

それを支えるのは、長年にわたる伝統と技術、日本の自然を愛する眼差し、

そして創業当時から変わらない「いつも新しいなにかを追い求める」情熱です。

わたしたちのエバニュー・プロダクツが、みなさまのお力になることを、心から願っております。