Crampons & Snow Spikes

Choice

アイゼンの選び方

4本爪

4本の爪を持ったモデルで、靴の土踏まずの部分に装着。雪や少ない里山や低山歩きに適しています。

軽量コンパクトなので、「もしも……」のために備えておいても、携帯が負担にならないでしょう。

ただし、つま先とかかとには爪がないため、傾斜の強い場所には向いていません。

6本爪

北アルプスや東北の山には、夏とはいえ雪渓が残っているもの。

そんなコースを歩くときに最適なのが6本爪のモデルです。登山道に積雪や氷がついている冬の低山でも活躍します。

10本爪

雪の積もった冬のトレッキングには10本爪のモデルが安心です。

つま先とかかとに爪がついているので、登りも下りも確実なステップを刻んで歩くことができます(本格的な冬山登山には向きません)。

スノースパイク

トレイルランニングシューズなど、ローカットの靴にも装着できる「SPIKE PRO」と通勤通学用のシューズに装着できる「ノンスリップスノースパイク」があります。

後者はタウンユースだけでなく、尾瀬や屋久島など、木道に雪がついたり凍ったりしているような場合にも威力を発揮します。