Hiking Sticks

Guide

歩行時のバランスを保ち、足への負担を劇的に減らしてくれるハイキングステッキ。

人間工学に基づいた握りやすいグリップ、体重をしっかり支える強度、長時間使用しても疲れにくい軽量性、濡れた岩場でもグリップする安定性、コンパクトな携帯性にこだわりました。

ハイキングステッキに 求められる機能を高いレベルで実現しています。

point1

ハイキングステッキのおもな特徴

ショックアブソーブシステム

シャフトにショック吸収スプリングを内蔵。不意にステッキを突いたときでも、手首、腕、肩の関節への衝撃を和らげます。

パテントの石突き

石突きの金具とステッキ本体を強い力で埋めこむことで一体成形しています。ステッキに伝わる衝撃が途中で逃げることなく下方に伝達されるため、変形や折損することなく、高い強度を誇ります。要部を包みこむカバーは衝撃を緩和します。

軽量&コンパクト

シャフトには非常に軽量なカーボンや超々ジュラルミンを採用。長時間の歩行でも腕に負担がかかりません。従来の折りたたみ式ステッキよりも格段にコンパクトに収納でき、ザックに取り付けても邪魔になりません。

point2

人間工学に基づいた3タイプのグリップ

T型グリップ

手首にストラップをかけ、シャフトを人差し指と中指で挟みこんで上から被せるように握ります。持ちやすく、加重をかけやすいのが特徴です。平地歩行の場合、身長の約半分の長さが目安となります。

I型グリップ

推進力が増してすばやい歩行をサポートします。ストラップの下から手首を通し、そのままストラップごと握ります。肘が直角になるくらいの長さが目安です。

兼用グリップ

T 型グリップ、I 型グリップ双方の長所を合わせた新しいタイプのグリップです。登山道の傾斜や状況に合わせた使い方ができるため、ステッキの活用範囲が広がります。

point3

ラクラク&確実な伸縮法

大別すると、スライド式とラチェット式があり、操作方法が異なります。きちんと固定されていないと、ステッキを突いた際に縮んでしまう危険性があるので、調節は確実に行なってください。

スライド式

シャフトをねじって長さを調節します。長さを自在に決められますが、調節には少し力が必要です。

ラチェット式

ボタンで段階的に長さを調節。力がいらないので女性にも扱いやすいタイプです。

point4

さらなる強度を実現!

毎年、驚きの新システムを生みだすエバニュー。今期初登場となるのは「ツイストポール」。

シャフトにツイスト加工を施すことで、従来のジュラルミンシャフトより表面硬度、しなり強度が10%アップ!

エバニューの高い技術力が実現させた、世界でただひとつのシステムです。

point5

エバニューが誇る最新システム

SY21 SaveYourself -最高の安全性と利便性の融合

「SY21」システムはハイキングステッキの安全性と快適性をさらに高めてくれます。第一の特徴は、驚くほど簡単に使用サイズを決められる、ということ。他の「スライド式」モデル同様、シャフトを右回転させることで締まるのですが、「SY21」搭載モデルはわずか450度(1 1/4 )の回転でしっかり固定できるのです。そのうえ、回転部と衝撃吸収部(ESS)が二重構造になっているため、外部の荷重変化に対して高い保持力とクッション性を発揮します。つまり、加重がかかればかかるほど、適度なクッション性能を発揮しながら、シャフト自体が固定されている仕組みになっております。このシステムにより、ステッキを突いた衝撃でストッパーが緩んで体勢を崩す、という事故を防ぐことができるのです。「SY21」搭載モデルが安全を、「SaveYourself」を実現してくれます。

ESS -「Extra Strong Stopper」という名の守護神

エラスティック素材を採用し、クッション性、フリクション性、耐久性を最高度まで高めた、エバニュー独自の最新ストッパーシステムです。ストッパーの保持力を劇的に向上させるとともに、ソフトな衝撃吸収性を実現させています。ステッキを突くことで生じる加重を、エラスティックストッパーがやわらかくキャッチ。このとき、ショックを吸収しながら膨らむことでシャフトを内側から圧迫し、それによって、高いフリクション性能を発揮し、強力なストッパーとして機能するのです。