SUMMER SLEEPING BAG

SUMMER CAMPING
就寝時設定温度最低25~15℃ フィールド海辺、高原、森林
高原と海辺では気象条件がかなり違うが気温は低くても15℃前後までどちらかというと高い気温の中でどうやって快適に眠るのかが課題になる。

夏のツーリングやキャンプの時の
ベストパートナー

ICH LIEBE BERGE Award 2019受賞 製品

RGZ5200
Biopod DownWool Extreme Light 175

¥39,600(税込)

夏のトレッキングや高原でのキャンプなどで
活躍するスリーピングバッグ

RGZ5210
Biopod DownWool Summer 175

¥44,000(税込)

これぞグランピング!
自宅の布団で寝るような快適さをキャンプでも

OUTDOOR INDUSTRY AWARD 2018 受賞 モデル
ISPO Product of the Year Award 2019 受賞 モデル

RGZ5410
Biopod DownWool Nature Comfort

¥77,000(税込)

アルムウールをフィリングに使用した
子供用スリーピングバッグ

子供と一緒に成長します。

RGZ6101
Biopod Wolle Kids World Traveller

¥17,600(税込)

柔らかくて軽い、
持ち運べるウールのブランケット

肌寒い夜のひとときに

RGZ9350
WellhealthBlanket Wool

¥28,600(税込)

肌寒くなった夜に活躍する
ヒーター付きハーフシュラフ

RGZ3045
Feater - The Feet Heater

¥17,600(税込)

肌寒くなった夜に活躍する
ヒーター付きハーフシュラフ

RGZ3047
Feater - The Feet Heater

¥17,600(税込)

肌寒くなった夜に活躍する
ヒーター付きハーフシュラフ

RGZ3048
Feater - The Feet Heater

¥17,600(税込)

SUMMER TREKKING
就寝時設定温度最低20℃~5℃ フィールド標高1,500~3,000m
標高が1,000m上がるごとに気温は0.6℃下がります。真夏の街で25℃の熱帯夜でもそこから1,500m上がった山の中では14℃、3,000m近い山では真夏でもダウンジャケットが恋しくなる気温になります。標高の高い高原でのキャンプならこのカテゴリー。

3シーズン用スリーピングバッグで
幅広い温度帯に対応できる決定版

初めて購入するスリーピングバッグとして1番人気
OUTDOOR INDUSTRY AWARD 2017 受賞製品

RGZ5223
Biopod DownWool Subzero 175

¥49,500(税込)

夏のトレッキングや高原でのキャンプなどで
活躍するスリーピングバッグ

RGZ5210
Biopod DownWool Summer 175

¥44,000(税込)

湿気に強いので、水辺でのキャンプに最適です。

RGZ9240
Biopod Wolle Survival

¥53,350(税込)

低山でのキャンプや山小屋での使用ならこのモデル

ICH LIEBE BERGE Award 2019受賞 製品

¥39,600(税込)

アルムウールをフィリングに使用した
子供用スリーピングバッグ

子供と一緒に成長します。

RGZ6101
Biopod Wolle Kids World Traveller

¥17,600(税込)